« リピート4回ぐぁー | トップページ | セリーヌ・ディオン »

凹(ペコ)んザイムQ10

今日は朝一から大きく凹みました。それは年俸通知書の変更分を上司から、「給料減ってなくてよかったね」とだけ言われて渡されました。

よく見ると、現在のグレードに「P」の文字。これは自分の役職の価値と実際のグレードに差異がある場合に付けられるアルファベットなのです。

例えば初めての**部管理職「課長」が11グレードとしましょう。でも実際の課長は10~11グレードであり、グレード10の人は、「あなたの椅子の価値は11だから、がんばったら11になれるのよ」というポジティブのP。

ネガティブのPは、例えば企画の課長の椅子は12、総務の課長の椅子は11ということがあります。職務の重さに比例します。いままで企画課長で12のグレードだった人が、総務課長に転属になると、その人のグレードは12だけど椅子との乖離があるので、これまたPがつきます。この場合、その人の給料は椅子に比べてもらい過ぎと言う事になりますので、当然昇給は難しくなるわけです。

てなわけで、来期の昇給もいきなり年初から困難なことが明白になりつつも、明日からも精一杯がんばりたいと存じます。

« リピート4回ぐぁー | トップページ | セリーヌ・ディオン »

サラリーマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リピート4回ぐぁー | トップページ | セリーヌ・ディオン »

時刻

  • NewYork
  • London
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ