« 地元の串かつ屋、ルッキングー! | トップページ | ねくすと »

ホンダ党なのですが

1984-1988 VT250F(初期型) 20万

 当時ヤマハ2ストロークRZに対し、ホンダは出力の出にくい4ストローク(V型2気筒)で同35psを実現。バイクでは常識の錆びないステンレスディスクブレーキではなく、鋳鉄をインボード式にしたり、カウルが承認されていない時代にメーターバイザーとして小さなカウルを付けたりと、ホンダの意地とこだわりが感じられるバイクでした。

1987-1992 シビックSI(4代目グランドシビック) 総160万

 当時レースで活躍していたZC型エンジン(1600cc、130ps)で爆発ヒットとなったワンダーシビックの後継。ボンネットの膨らみ(パワーバルジ)が男の子心をくすぐった。入社1年後60万円貯めて&祖母ちゃんに100万借りて購入。

1992-1996 プレリュードSI-VTEC(4代目) 総300万ぐらいだったか?

 従来のデートカーからスポーツクーペと変貌。当時世界最高の4気筒と言われたVTEC仕様H22A型エンジン(2200cc、200ps)や後輪が動く4WS、ダブルウィッシュボーンサスペンションなど先進的だった。会社帰りに乗せた後輩の女の子が「デートカーでしょ?」というので、街中で本気で加速して泣かせてしまったことがあり。20代で3ナンバーに乗る喜びのため母ちゃんに100万借りて購入。

1996-2004 アコードワゴンViX(ワゴン2代目、アメリカHAM産) 多分総260万

 先代プレの車内があまりに狭くアウトドアではいつも留守番。同行できない寂しさのため、つい間違って買ってしまった初の中間グレードSOHCのF22B型エンジン(2200cc、145ps)。サスはやわやわ、エンジンへこへこ、技術へのこだわりを忘れて買ってしまった1台。走りとしては最悪でしたが、いろんな所へ一緒に遊びに行けました。8年近く乗りましたし。

2004-現在 オデッセイAbsolute(3代目) 総330万

 ガソリンタンクの工夫により低重心を実現。ワゴン感覚で乗れること&3列目をたためばワゴンより大きな荷室ということで購入。(3列目いらんからまけてと頼むも相手に去れず^^)アコワゴの失敗を反省し、迷わずK24A-iVTEC(2400cc、200ps)を選択。プレのH22Aの加速とは大きく異なるが年齢的にも十分か。

とこんな感じのホンダ党が、ホンダ車技術こだわりの薄れもあり、今強烈にかっこいいなあと思うのが、ベンツCクラスのワゴン(600万)。とても高くて買えませんが憧れております。

1

« 地元の串かつ屋、ルッキングー! | トップページ | ねくすと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地元の串かつ屋、ルッキングー! | トップページ | ねくすと »

時刻

  • NewYork
  • London
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ