« 資金計算 | トップページ | 建築士との打ち合わせ (1) »

仮おさえと仮契約。

G/W最後の水曜日に見に行って、 とても気に入り、 お金の相談して、

その土曜には、仮おさえ(要は交渉権を確実に得る)のために、○万円もって現場のプレハブへ。この○万円は、仮契約の時の手付金に充填されます。

そこで、改めて家の仕様など聞いて仮おさえをしました。

(一つ気がかりは、土地が都市計画道路に乗ってること。歩道の拡張工事が決定すれば立ち退きが必要になります。)

標準仕様でも側溝やら2階のトイレもついてるとのことで、チカションおやじとしては夜も安心。

さらにその翌週土曜は、もう仮契約。手付金(購入金額の5%程度)という大金を当日の朝にヤンヤヤンヤ(CD引き出しでは一口座50万が限界だった)いいながらなんとか揃え、契約内容を十分に説明されて契約。

ここからは、この仮契約の前提となってる間取りやオプションなどを、建築家と打ち合わせの上詰める作業が始まります。 いわゆる建築条件(業者は決まってる)付きの注文住宅ってやつです。

(このブログは、Twitterにも共有しています)

« 資金計算 | トップページ | 建築士との打ち合わせ (1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 資金計算 | トップページ | 建築士との打ち合わせ (1) »

時刻

  • NewYork
  • London
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ