おせこい話

 今日、会社で何気に聞こえた、他部門のお偉いさんとうちのアシスタントの会話。
どうも自部門のメンバーのご家族に不幸があったようで、いわゆる香典について相談しているらしい。
お偉いさんのところにはアシスタント的な立場の人がいないみたい。
「会社への連絡はどうするの?」 とか聞いてたが、結局話の骨子を直訳すると、
「うちには20数名のメンバーがいてるから(基本自慢が入る)、香典を自腹で払ってると財布が大変だ、会社から出してもらうシステムはないものか?」
うちのアシスタントは有りそうなことを回答してたが、それってあくまで会社(代表取締役名とか)からの物じゃないかと思いながら聞いていた。
てか、自分も過去20数名の部下がいた時、たまたま不幸はなかったが、もしあったら・・・こればかりは気持ちだから自分で出すだろうと思った。自分と一緒に働いてくれてる部下の家族の不幸、出すのが当たり前じゃないかと。
あまりに「おせこい話」で、そんなんやったら人の上に立つな!と朝から少し気分悪し。
ちなみにこの人は、「もしこの人が社長になっらた必ず退職します」、現在2位の人です(笑)

<娘のコメント>
 Img_1579 最近、お座りが結構安定してきました。まだまだお父さんの足に挟まれてる状態でないと横にこけるんですけど・・・。ちなみに風呂上りとか、口の中が汁ダクでヨダレかけはびっしゃびしゃです(笑)


ふと思ったが

うちの社でもたまにあるが、同じ部署で上司と部下の関係で、結婚してたり付き合ってたたりすると、、、

その上司は自分の相方の評価を甘くしないのだろうか?もしくは仕事面で贔屓することはないんだろうか?

もし自分が超人格者なら、自分の上に言って影響の少ない方を異動させてもらうとかあるんだろうけど。人間に人格者なんてほとんどいなくて、みんな自分に甘いから、ついつい部下の相方の評価を上げて、とくに既婚ならたくさん昇給させて自分も潤っちゃったりしてしまうものか?

そんな場面にあったことないのでよくわからないが、人は欲の塊、誰かが監視しなきゃいけないんだろうな。

(娘のコメント)

 そんな父の妄想よりも、私が心配なのは指の爪。

Img_1445 お母さんが「足の指だけじゃなくて手の指もお父さんの爪に似てきた!」なんて言うもんだから心配で心配で。

実際比べてみたら、

お父さんの爪のブサイクさはハンパなくて、安心しました。

父さんは隔世遺伝らしい、私に遺伝するわけないわさ。

長いプロジェクトのスタート

昨日は、プロジェクトスタートの会議。短い期間でしたがそこそこ準備もできて臨んだ会議でした。

相変わらず心は弱いので、会議の二日前ぐらいから5時には目が覚めてしまい、早朝よりPCに向かう始末。また緊張で便通も超よくなりーので、気が張った数日間でしたが無事に終わって何より。

これから長~く続くプロジェクトですが、現状の総仕上げであり、また息の長い商品の手始めとなりますので、将来に禍根を残さないように進めていきたいと思います。

この長~いプロジェクトが終わるころ、ある意味私自身潮時を迎えるかもしれませんが、最後までケツを割らないようにそこそこ頑張りたいと思います。会議で何度も「Hard work! Hard working!」と言われましたが、「わかっとるちゅーねん!」ってな感じでした。

元来一生懸命働くのは嫌いで、そこそこやったことを結構やったように上手に見せかけることで生きてきましたので、世間を欺ける限りは欺き続けます(笑)

昨夜はそのまま会社帰りにプールでリラックスしながら泳いで、家帰って暖かい夕食とビーとチューハイで即落ちでした。

(娘のコメント)

お父さんが毎朝起きて会社に行くのは寝てるので見たことないけど、夜はお父さんの方が先に落ちるので寝るところは見れます。うちはお父さんだけが超朝型、お母さんと私は夜型で朝は苦手です。

Img_1421 昨日は疲れてたみたいで、宵から私の横で寝てた父さん。

私は寝返りのスピードアップと、一歩でもハイハイができるよう、日々ウェ~ンうぇ~ん言いながら自主練習しています。

参勤交代

うちのマーケティング部門、仕事は新商品の企画をやってます。この部門、従来から本社と田舎事業所を3年交替ぐらいで行き来しております。

理由は、「顧客・営業に近付け!」「開発とコミュニケーションを取れ!」と、営業/開発が事業所が別れてるのであっちこっちへ行かされるわけです。

私がこの部門に異動したタイミング(2008年7月)で本社⇒田舎へ移ったわけですが、ちょうど3年、本社へ戻ることになり、昨日7月1日より本社勤務と変わってます。マーケティングとして海外でも直接顧客訪問する状況の中では開発と離れることがコミュニケーション不足が心配なので、週2~3日は田舎へ行こうと思っています。

田舎へは自動車通勤でしたが本社へは電車。こんなこともあろうかと、これらの間に家を建てていたこともあり、ドアツードアで1時間(JR、地下鉄、バスを乗り継ぎ)かかりますが電車通勤再開です。これで本や新聞など読める生活に戻ります。

(娘のコメント)

自動車通勤でお腹が出てきてるので、電車通勤で少しスリムになるといいんだけどね。

ていうか、そんなんどうでもいいので私の寝返り練習見てください!

仙台出張

火曜日は、いわて&仙台で顧客訪問でした。

仙台では駅から顧客へ行くまでに、営業さんが少し海際を遠回りしてくれて、津波の被害を見せてくれました。地元としては「現状を見て帰って」という気持ちみたいです。

海から1~1.5kmぐらいからでしょうか、田んぼにところどころ車が放置。電柱は曲がってるし、あっちゃこっちゃに車が無残な状況に。

一番ショックだったのは、さらに海際の住宅地でしょうか。なんとなく更地かなあと思って見てましたが、そこにはたくさんの基礎だけが残されてました。木造の上物は全て流されたみたいです。基礎ができるころから家ができるまでをずっと見てた身として、基礎って着工からほんの数日の工程。そこから1ヶ月半~2か月ぐらいで家ができるのですが、慣れ親しんだ我が家が着工数日の姿になるとは・・・言葉を失いました。

そして仕事をして仙台空港へ。昼食に牛タンをたらふく食べたので奥さんにも食べさせてあげたくて空港で買おうと思ってましたが。

空港はとりあえず再開しているものの、1階にANA/JALの各小さなカウンタと1個の手荷物検査、入ると椅子だけがたくさん並んだ待合室、唯一の出入口とシンプルで土産は買えませんでした。2階は閉鎖?

出口から出ると、バスで駐機場(すぐそこにいるのですが)まで移動。そのバスはなんと大阪市バス!!バスが寄付されてるみたいで、うれしいやら誇りに思うやらでした。

いろんなものを見て、うまく書けないですが末永い支援を心に誓いました。

(娘のコメント)

Img_1135未だ余震もあるので、父さんが無事帰宅して安心。

私は最近寝返りを練習してる。

脚をクロスするところまではできるけど、お尻が重くて自分では返れません。昨日は母さんがお尻を押してくれて、実はサポートありの寝返りはできるようになったよ。その雄姿は、また父さんにでもビデオを撮ってもらって報告します。

韓国3日目

今日もソウル周辺で顧客訪問。お昼は私のリクエストでプデチゲ。

Imag0233 プデとは余り物のようないみがあるそうで、

米兵が残したソーセージやスパムを入れて鍋をしたことが由来だそうです。

夜は、営業マネージャとお世話になってる日本人駐在員とともにプルコギ。

Imag0236 日本で食べるプルコギとは違って、肉だけが甘辛く焼き固められていました。

他に豚の内蔵のスープやタコの炒め物など。

現地の人のまねをして、生のにんにくに辛い味噌を付けて食べてみましたが、めっちゃ辛かったです。(ニンニクが)

今日は7:40ソウル発の新幹線に乗ってデグへ移動。途中でさらに移動してブサン方面へ南下する予定です。ちなみに毎晩TVを付けたままにして寝ているからか、今朝も5:30に目が覚めてしまい、睡眠時間は6時間弱とちょい眠い。そして口の中はニンニク臭でいっぱいです。

韓国2日目

昨日は、ソウル周辺の京畿道(キョンギド)の顧客めぐり。

夕方、明洞へ行ける地下鉄の駅で下してもらい、現地メンバーにチケットを一緒に買ってもらって明洞でカタツムリ探し。あまり知らなかったのですが、カタツムリクリームえらい有名だそうで。その後良い靴はないかと探しましたがほしいものなく断念、現地の日本人メンバーに向かいに来てもらって、「土俗村の参鶏湯」を食べに連れて行ってもらいました。

Imag0223 古い韓国の建屋そのまま使った有名店。

なかなか雰囲気のあるお店です。

Imag0218 鶏1羽のほかに人参やその他いろんなものが入ってるのでビクビクしながらですが、あっさりスープでおいしくいただきました。

15000Wなので、1200円弱。お安い滋養料理です。

Yoido Hotel やめときなはれや!

今週は韓国に来ています。初日は焼き肉でした。
まずはソウルの事務所まで来て、汝矣島(Yoido)のビジネス街の中にある、Yoido Hotelに泊まってます。
満室で古い部屋しかないと言われましたが、部屋がたばこ臭い、古臭い、タオルが古い、歯ブラシ・パジャマ・ティッシュなどがなくなんか最低。
LANはあると言われたものの、事務机がなく、ケーブルも見つからないので昨夜はSkype中止でした。(もちろん無線もなし)
朝起きると、ソファーの裏からLANケーブルが。昨日は暗くて消えなかった。。。

ビジネス街にあるので観光客は利用することはないと思いますが、避けた方がいいホテルです。

台湾より(Skypeは素晴らしい)

今週は台湾出張。
月曜は台湾の祝日だったので火曜移動で、まずは台北で営業たちと打ち合わせ。
水・木曜は台北近隣を営業と同行し、顧客のヒアリングを実施。
木曜終了後、桃園駅より台湾高鉄(新幹線)に乗って台南へ移動。
金曜は台南のお客さんに訪問して仕事終了です。
土曜朝から台南より移動して、昼便で大阪へ。家に着くのは夕方でしょう。(台風3号に邪魔されなければ)

なんせ台湾暑いっす。毎日33~35度。25度前後の日本から来ると地獄のように暑いし、お客さんとこ行くとめっちゃ寒いし。食べ物もすべてがおいしいではなく、台湾ビール中心でお腹を膨らませて、夏バテのフルコース状態。
毎日ちょいピーピーで、日本では使うことのなくなったベルトの穴が使える感じで痩せてきております。

そんな中、ご家族は奥さんのご実家へ。帰るときにUSBカメラを持って帰ったので、時間があるときお母さんのPCを使って、向こうからの一方通行ですがビデオスカイプを楽しんでます。
奥さんも子供もよく見えて、問題なく話ができて、そして無料です。素晴らしい世の中になったもんです。

台湾はフリーの無線スポットが少ないため、スマホはカメラと時計代わりに徹してますが、ホテルのオンラインLANがあるので、スカイプができてます。

ラピチュ

昨日は田舎事業所の開発メンバー中心で、ミナミの「ラピチュ」というビアガーデンに行ってきました。
昭和初期?と思える汚い雑居ビル(地震が起こると危機的な状態になるかもと思った)の階段を5階分ぐらい上がった屋上で、30人ぐらい入れるお店があります。
そこを貸し切り、食べ放題(おんなじ焼肉(牛・豚・鶏・ソーセージ)ばかり)、飲み放題。飲み放題も特設バーカウンタから勝手に飲んでいく感じで放置状態でした。
高いビルに囲まれて空は見えるとはいえ微妙な感じでしたが、貸切・遠慮なしなどで楽しい宴でした。

帰りは22:30ごろJR難波からJRに乗ったのですが、瞬きの間になんと八尾駅(乗換えしなきゃいけないのにそのままでしかも乗り過ごし)。。。慌てて折り返して家に着いたのは0時回ってました。

今朝は奥さんが梅田で仕事。9:30~13:00は娘と3回目の留守番。娘というと昨夜23時ごろから寝はじめて7時半の朝食の後の2度寝でまだ寝とります。多分12時ごろまで寝そうだと。。。
よくカタメ寝する2か月+30日児です。

より以前の記事一覧

時刻

  • NewYork
  • London
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ